頭皮のふけ(フケ)って、そもそも何? - 頭皮改善プロジェクト

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

頭皮のふけ(フケ)って、そもそも何?

頭皮 >> 頭皮とふけ(フケ) >> 頭皮のふけ(フケ)って、そもそも何?

 ← クリックして応援☆感謝です!(´▽`)



頭皮のふけ(フケ)って、よくよく考えてみると、一体何なんでしょうか?



頭皮も含め、カラダは皮膚に覆われているわけですが、その皮膚は表面が角化した重曹扁平(じゅうそうへんぺい)上皮というものに被われています。



※重層扁平=薄くなった細胞が何層も重なっているという意味。



頭皮の重曹扁平上皮が剥がれ落ちたモノ、これが「ふけ(フケ)」です。



誰でも頭皮の重曹扁平上皮は、はがれてしまうのである程度はふけ(フケ)がある事になります。



そして、この頭皮のふけ(フケ)には2つの種類があります。



ひとつは、乾燥型のふけ(フケ)です。 乾燥型のフケは、頭皮の洗いすぎなどによって、皮脂が足りなくなり、乾燥した皮膚がはがれ落ち易くなった場合に起きます。パラパラと落ちます。



もうひとつは、脂漏(しろう)型。 頭皮にべっとりつくフケがでます。男性に多く、皮脂の分泌と関係しています。



このように、まったく正反対の性格のふけ(フケ)があるんですね。皆さんの頭皮のふけ(フケ)はどちらでしょうか?



私の頭皮は、若い頃は完全に脂漏型のふけ(フケ)でしたが、20代後半あたりからは乾燥型のふけ(フケ)に変わりました。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 頭皮改善プロジェクト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。