頭皮のふけ(フケ)対策 - 頭皮改善プロジェクト

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

頭皮のふけ(フケ)対策

頭皮 >> 頭皮とふけ(フケ) >> 頭皮のふけ(フケ)対策

 ← クリックして応援☆感謝です!(´▽`)



頭皮のふけ(フケ)対策とシャンプーは、まさに切っても切れない関係です「頭皮のふけ(フケ)対策はシャンプーに懸かっている」といっても過言ではないでしょう。



とは言っても、あまり難しく考えなくてもいいんです☆以下の3点をしっかり押さえておけば、頭皮のふけ(フケ)対策としてのシャンプーは大丈夫です☆



・適度なシャンプーの回数
・適切なシャンプーのやり方
自分の頭皮に合ったシャンプーの種類



これら3点を、試行錯誤していくわけです。私たちの人格や容姿に個性があるように、頭皮のふけ(フケ)対策としてのシャンプーも、人それぞれ。



・毎日シャンプーした方が良い人、1日おきが良い人。
・洗浄力が強いシャンプーが合う人、低刺激シャンプーが合う人。



などなど。これには万人に共通の答えなどありません。あなた自身が試行錯誤して、自身の頭皮のふけ(フケ)対策としてベストなシャンプーの回数・種類を発見していくのです。



・・・なんか偉そうですが、「いろいろ試してみよう☆」ってだけのお話です。




ところで、頭皮のケアとしてのシャンプーのやり方だけには、ほぼ共通のフォーマットがあるようです。ここに一例を挙げておきます。ぜひ参考にして下さいね

(* ^ー゚)ノ






プレシャワーリング(前流し)



シャンプーの前にできればブラッシングをして頂ければベストです。頭皮の血行も良くなりますし、髪のからみも取る事ができます。



皆様はこの部分をシャンプーする前に「髪を濡らす作業」位の価値観だと思っていませんか?実はこのプレシャワーリングも重要な作業なのです。



まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。濡らすという感覚よりも流すという感覚で行なってください。髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんですよ。



時間にして2~3分充分に行なってください。これをやることによって頭皮や髪自体の汚れも落ちますのでシャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。



スカルプマッサージ(頭皮洗い)



次ぎにシャンプー剤を付けてシャンプーを行ないます。まずシャンプー剤を手に取り馴染ませながら髪に塗布します。そして十分に泡が立つまで揉み洗いをしてください。爪を立てずに指の腹で頭皮を洗っていきましょう。



かゆみがある方など爪を立てて洗いたくなると思いますが、それはむしろ逆効果になります。爪で痛められた頭皮は乾燥してフケや、よりかゆみを増すだけです。プラスティック製の剣山のような洗うものありますよね?あれなんかで、ごしごし洗ってる方は今すぐやめてください(笑)



そして充分にマッサージをする感覚で洗っていきましょう。ムースやスプレー等を使用してる方は2度洗いをオススメします。



アフターシャワーリング(後流し)



そして、最後の流しに入るわけですが、頭皮のふけ(フケ)対策としてはココが重要です。充分過ぎるくらいシャンプー剤を流してください。



かゆみがある方の多くは石油系のシャンプー剤であらって、この流しを疎かにしているのが原因とされています。最低でも3分以上はシャワーで流してください。



そして、リンスやトリートメントに移る訳ですが、頭皮のふけ(フケ)対策に何かしらの効果があるリンス剤以外は頭皮には付けない様にしてください。これもかゆみの原因になります。(裏書に頭皮にも付けると書かれてる製品は別です)



>> All About 「自宅での正しいシャンプーの方法って?」

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 頭皮改善プロジェクト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。