女性の頭皮トラブルや抜け毛・薄毛の原因 - 頭皮改善プロジェクト

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

女性の頭皮トラブルや抜け毛・薄毛の原因

女性でも頭皮のトラブルや、抜け毛(脱毛)や薄毛に悩まされている人が増えているようです。そこで今回は、男性と女性で上記に関して何か違いがあるのか、考えていきたいと思います。


・・・結論から先に言ってしまえば、男性と女性とで、髪が薄くなるメカニズムは変わりません。


原因は同じで、遺伝と年齢、そして男性ホルモンです。女性にも体内に少量の男性ホルモンが流ていますので、それが原因になって、男性と同様の仕組みで抜け毛が増え、薄毛が進行します。ただ程度や様子が異なるだけです。

詳しく見ていきましょう。


男性の薄毛で多いのは、生え際の後退と頭頂部(つむじ付近)の抜け毛が特徴であるのと比較すると、女性の場合は、生え際が残って抜け毛が少ないのに対して、生え際の後ろから頭頂部にかけて広範囲(前髪の後からつむじまでの範囲)に薄毛になりやすいのが特徴です。


男女どちらでも、毛包の中の酵素5-リダクターゼの作用によって、男性ホルモンのテストステロンから作られるDHTが原因となり、薄毛になるメカニズムは同じです(この仕組みは別の記事で詳述します)。


なのに、なぜ上記のような違いが生じるかと言うと、女性の頭皮では種々の酵素の活性や分布が男性とは異なっているからです。


実際、男性のように完全に無毛状態になるような髪の抜け方をする人はごく稀だと思います。女性の抜け毛・薄毛の症状の特徴は、毛包の小型化と、毛の成長サイクル(毛周期)の成長期が短くなる=休止期が長くなることです。


正常の髪の成長期は4~6年と言われていますが、それが数ヶ月にまで短くなったりします。その結果、毛髪が細くなり、色も薄くなってきて、やがて髪の隙間から頭皮が見えるようになるのです。


この場合も、顕微鏡で頭皮をよ~く観察してみると、実際にはうぶ毛が生えており、単位面積当りの毛根の数は実は以前とあまり変わりません。つまり、髪の毛が「うぶ毛化」する現象が女性の抜け毛・薄毛の症状の特徴です。完全に無毛地帯?のできる男性とは随分様子が異なりますね。


⇒ 女性専用育毛剤


スポンサードリンク

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 頭皮改善プロジェクト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。