- 頭皮改善プロジェクト

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭皮に効く安価なシャンプーなら

頭皮に効くシャンプーって、どれもけっこうな値段がしますよね。
小さいサイズのものを販売してくれている場合は、
そっちで試してみることもできますが、
数千円するシャンプーを継続的に使用することも、いくつもいくつも購入して試すこともなかなか出来ることではありません。


しかも、そういう頭皮専用のシャンプーって、
効能が強すぎてダメな場合もけっこう多い。


皮脂を落としすぎて、頭皮がカサカサになり、痒みが生じたり、
髪の毛がパッサパサになってしまったり・・・。


なので、実は私は、
育毛・養毛効果を謳っているシャンプーはほとんど使っていません。
日頃使っているのは一般?向けの比較的安価なシャンプーです。


それが『h&sシャンプー』です。




CMを見たことある人もいるかもしれませんが、
これ、基本的には女性向けのシャンプーらしいです。
しかし、一般的に女性向けのシャンプーって「髪」が主役で、
「地肌(頭皮)」なんて眼中にない?感じじゃないですか。


でも、このシャンプーはフケ・乾燥・かゆみといった「地肌ストレス」に注目した珍しい商品です。


使ってみると、女性の商品らしく、
髪にシットリ感が残るのですが、
ヌルッとした感覚ではなく、サラッとした指通り。
しかも、頭皮にスッキリ感があって、
とてもバランスが良いシャンプーだと思いました。


元々嫁が買ってきたシャンプーですが、
ウチの嫁は同じシャンプーを続けて買うことはなかったのに、
このh&sシャンプーだけは今だに買い続けています。


やたらと金額の高い頭皮専用シャンプーに辟易している人に、
ぜひお勧めしたいシャンプーです。


[PR] 東京スター銀行の評判

育毛サプリメントシャンプーの厳選通販なんて、ある?

育毛サプリメント配合のシャンプーを扱っている厳選通販を探しているのですが、なかなか見つからないです。


なんでそんなものを探しているかと言うと、頭皮に効くと思われる育毛サプリメントを色々調べていて、ふと思ったからなんです。


「いっそ育毛サプリメントに配合されている成分を、頭皮用シャンプーに入れちゃえば?」(←後に書きますが、これはものすごくアホな勘違いでした・・・)


しかしなかなか見つからない。贔屓にしている厳選された商品を扱っている通販店にもなかった。


やはり育毛サプリメントはあくまで身体の内側から、頭皮に外側から作用するシャンプーとは役割分担を明確に分けておくべき、ということなのでしょうか。


通販などで育毛サプリメントシャンプーと銘打ってある商品に配合されているのは、シルクやコラーゲンくらいなもんです。


・・・考えてみれば当然で、経口摂取して発汗作用やホルモン調整をもたらす成分を、髪や頭皮に塗ったって何の化学変化も生じないワケですから。


シャンプーや育毛剤などで髪や頭皮といった身体の表面部分に作用する成分と、育毛用サプリメントで身体の内側に作用する成分は、いくつか共通する成分もありますが、やはり基本的には別々に利用するべきでしょうね。

育毛サプリメントにカプサイシンとイソフラボンが良いって、本当なの?



育毛サプリメントカプサイシンイソフラボンが配合されているものが、にわかに注目を集めているらしいですね。


今まで抜け毛予防用トニック(サクセスなど)と頭皮に良いとされるシャンプー、それに頭皮のマッサージ。これらをメインにしてきたのですが、今年で33歳になり、そろそろ身体の内側からの対策が必要かなぁ、と思っていたところだったので、育毛サプリメントは私にとっては何ともタイムリーな話題。


それにしてもカプサイシンとは何でしょうか?イソフラボンはほら、あれですよね。大豆などに多く含まれている成分。一時テレビでずいぶん話題になっていたような気がします。


カプサイシンとは唐辛子の辛味成分らしいです。そんなものが育毛サプリメントとして頭皮に効くのでしょうか。


調べてみると、要するに発汗作用なり新陳代謝を高める機能があるから、頭皮の血行が良くなり、育毛サプリメントとして効果的だということらしいです。


併せて、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも摂取すれば、鬼に金棒でしょ?ということらしい。


そんなもんなのでしょうか?


シャンプーでも育毛剤でもそうですが、ある程度の期間、実際に使用して試してみないことには何とも言えませんよね。通販で手に入るみたいなので、実際に購入してそのうちレポートをお届けします。お楽しみに!

無添加シャンプーが頭皮に効く?

頭皮から逃避しつつあります。ども!管理人「フサフサ」です。今日はシャンプーのお話。


いやぁ・・・近頃は、子育てと嫁の機嫌取りで精魂尽き果てて、自分の頭皮をケアしている余裕が時間的にも精神的にもなくなってしまいました「罎罎


頭皮にとってシャンプーがいかに大切であるかは、皆さんご存知だと思いますが、もうそのシャンプーすら、自分専用ではなくて嫁・娘と共有する始末。頭皮をケアしなくてはならない人間にとって、もう致命的とも言える無頓着ぶりを発揮しています。


で、うちの嫁はとにかくコロコロとシャンプーを変えるんです。毎回違うものを買ってきます。中には「あっ!このシャンプー、頭皮に効くよ!いいカンジ♪」という手応えを感じるものがあったりして、発見・発掘の喜びはあるのですが、もちろん逆のケースもあるわけで・・・。頭皮のケアという観点からすれば、嫁に翻弄されっぱなしという感じです。


その嫁が今回は『無添加シャンプー』というヤツを買ってきました。

こんなパッケージのやつです。

      ↓↓↓




これ・・・けっこうイイです!無着色・無香料で、防腐剤や品質安定剤も使用していないシャンプーらしです。まあ、もちろん頭皮ケア用に開発された高価なシャンプーのように、育毛・養毛・発毛に有効な成分なんて入っていませんが、洗い心地は良いですよ、ホント。


しっかり汚れを落とすのに、髪がギシギシしませんし、刺激が強すぎて頭皮が痒くなることもないです。しっかり濯ぐと頭皮が「キュッキュッ」と鳴ります、本気(マジ)で。しかも2週間後とかではなく、使った瞬間に実感できますよ。


私は現在短髪なので使いませんが、トリートメントもあります。娘に一瞬で「天使の輪」の復活をもたらしてくれました。


頭皮用のシャンプーって、きっと経験された方も多いと思いますが、洗浄力が強すぎて、頭皮が痒くなったり、余計にフケが出るようになったりする場合があります。もしあなたがそういう人なら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。頭皮用のシャンプーと違って、値段も高くないですし。

頭皮のマッサージ方法の正しい?やり方。

頭皮マッサージ方法の正しいやり方って、あるんでしょうか?
正直、科学的なことは私には分かりかねるのですが、
自分なりに「これがベストだ」と思える頭皮のマッサージ方法があります。


それは今まで自分が色々と調べたり、試したりしながら、
ついに習慣として定着した、私にとってはある意味、究極の頭皮のマッサージ方法です。


>> 額から頭頂部、耳から頭頂部、後頭部から頭頂部の順番で、
   指先を使って頭皮ほぐすようにマッサージする。


>> 同じ順番で、今度は指先で頭皮を軽く叩くようにマッサージ。


>> 同じ順番で、指先・手の平全体を頭皮上で滑らすように、マッサージする。


>> 最後に、首と肩と脚の柔軟体操をする。


この頭皮のマッサージ方法は文字にすると、面倒くさそうですが、
習慣にしてしまえば、何てことありません。
方法は何であれ、頭皮のマッサージは、とにかく習慣化するまでが勝負ですね。


この頭皮のマッサージ方法の「ミソ」は・・・


・常に頭頂部に向かって頭皮をマッサージすること。
・頭皮に様々な種類の刺激を与えること。
・頭皮だけでなく、首と肩、そして脚をほぐすこと。


特に最後の首や肩、脚の柔軟体操は見落としがちですが、
頭皮の血行を良くするためには、
首と肩と脚、もっと言ってしまえば全身をほぐして、
身体そのものの血液循環を良くしてあげなければならないのです。


頭皮のマッサージ方法というと、
どうしても頭皮だけのマッサージで満足してしまいがちですが、
ぜひ全身の柔軟体操やマッサージを採り入れてみて下さいね。

頭皮のオイルマッサージを妻が体験してきた。

「アーユルヴェーダ」という頭皮オイルマッサージ
妻が美容院で体験してきました。


アーユルヴェーダなんて、私は初耳なのですが、
インド・スリランカでは5千年の歴史を持つ、伝統的な健康法・療法みたいです。
そこでは頭皮のマッサージが重視されているとのこと。


妻が言うには
アーユルヴェーダにまつわるハーブを配合したオイルを塗って、
頭皮をマッサージしてくれるみたいです。


例えば以下のようなハーブです。


・アムラ(和名:ユカン油柑)
ビタミンC、フラボノイドを含みます。アムラの成分が髪1本1本をコーティングし、傷んでやせた髪にコシやハリを与え、自然なツヤのある黒くて豊かな髪に導きます。

・センテラ(和名ツボクサ)
頭皮にハリ、潤いをもたらします。頭皮を引き締め、きめを整えるといわれ、今日ではさまざまな化粧品にも使われています。

・アロエ
ジェル状の葉の内部は保湿性に富み、化粧品にも多く使用されています。荒れた頭皮に潤いを与え、頭皮の乾燥を防ぎ、髪を保護します。

・ヘナ(和名指甲花)
アーユルヴェーダではお肌を健やかに保つことから古くから使われてきました。乾燥させた葉の粉末はヘナの持つ色素により、髪や肌が色づくことから、染毛料やボディーペイントとしても使用されています。ヘナの成分がケラチンにしっかりと絡みつき、髪にハリやコシを与え、しなやかにすることから、天然のトリートメントとしても有名です。


私は初め、頭皮にオイルを塗ってマッサージするなんて、
自殺行為に近い愚挙だと思っていたんです。
頭皮に関心のある人なら、油・オイルという言葉には自然に拒否反応を示すはずです。


しかしよくよく考えてみれば、
女性の化粧のクレンジングにもオイルが使われていますし、
肌にとってオイルが害を及ぼすわけじゃないんですよね。


しかも上記のような頭皮や髪に良いハーブが配合されているオイルでマッサージするなら、
頭皮に良い影響が出るのは間違いないでしょう。


頭皮のオイルマッサージは美容院やエステだけでなく、
通販で専用のオイルを買えば、自分でやることもできます。
さすがに毎回、美容院に通うわけにもいきませんからね。


通販などで買える頭皮専用のマッサージオイルについては、
また別のところでまとめて紹介します。

椿油での頭皮マッサージはなぜ、効果があるのか。

椿油での頭皮マッサージを試したことがありますか?
頭皮マッサージというと、たいていの人はサクセスなどの育毛剤を思い浮かべると思いますが、
椿油などを使用したオイルマッサージが頭皮に良いということは、
まだあまり知られていないみたいですね。


特に男性は知らない人が多い。
女性は化粧品のクレンジングなどでオイルと肌の相性の良さを知っていますから、
女性で頭皮や髪の健康を気にする人は、
積極的に椿油などでの頭皮マッサージを取り入れているみたいです。


男性で頭皮のことを気にしている人にとって、
油やオイルといった言葉はNGワードみたいなものなんですよね。
拒否反応が出てしまうんです。
ちょっと前まで私もそうでしたから、その気持ちはよ~~く分かります。


さて、頭皮と油の関係を簡単におさらいしておきますと・・・


頭皮にとっては油分は適量であるべきなのです。
油が多すぎて、頭皮が不衛生になると、角質と皮脂が混じってベタベタしたフケが出てきます。
逆に油が少なすぎると、必要な皮脂まで不足するために、乾燥して頭皮が剥がれてフケになります。


市販のほとんどの育毛剤・養毛剤は血行を促進したり、
毛根に有効成分を行き届かせることを目的にしていますが、
このように頭皮と油分に着目した場合、それだけでは不十分だとお分かりいただけると思います。


そこで頭皮のオイルマッサージの出番となるわけですが、
最近では「TSUBAKI」というシャンプーが有名になったこともあり、
椿油での頭皮マッサージが注目されているようです。


乾燥した頭皮に対しては、
椿油は皮脂に最も近い植物性油脂ですから、
足りなくなった皮脂を補い、栄養を行き渡らせてくれます。
乾燥した頭皮にベタ付きなくなじんで、潤いを逃さないわけです。
浸透性もよく、頭皮に直接つけシャンプーの前にマッサージすることで、
シャンプーなどの洗浄剤の刺激から頭皮を守り、洗いすぎを防いでくれます。


逆に油分の多い頭皮には…
クレンジングオイルとしても使用されている椿油。
余分な油を優しく溶かして落としつつ、皮脂のバランスをきちんと整えます。
合成界面活性剤入りのシャンプーなどの洗浄剤とは違い、決して落としすぎることはありません。
椿油に含まれるサポニンには殺菌作用があって、頭皮を清潔に保つことができます。
また、サポニンは天然の界面活性剤ですから、頭皮に残った整髪料も溶かしてくれます。
椿油は洗浄力でもシャンプーにひけを取らないんです。


このようにどちらのタイプの頭皮にも、
椿油での頭皮マッサージは非常に効果的です。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 頭皮改善プロジェクト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。